2006年08月15日

クーラーと眠気の関係について

最近暑いんで、クーラーをつけて寝るんですが、朝おきるのがつらいexclamation×2
いったいなぜ・・・? と思ったんで調べてみました^^w
・・・・どこにも載ってないorz
という訳で、自分なりに結果を導いちゃいましょうわーい(嬉しい顔) (ぇぇぇ!?

・冬眠から考える
寒い、寝るといったら冬眠ですね。 なぜ冬眠するのか。
・・・これも解明されてないよもうやだ〜(悲しい顔)
まあ一般的には「食べ物が少なくなるので、自分の体温を下げて体力の消耗を防いで、厳しい冬を過ごす」と言われてますよね。

・睡眠と体温についてから考える
「人は寝入りばなにまとめて汗をかきます。これは、体温を下げるためで、眠りが深まるにつれ体温はさらに下がってきます。体温を下げることで深い眠りを実現しているとも言えるでしょう。」

こ、これだ〜!
つまり、強制的に体温が下がることによって深い眠りに落ち、それで朝おきるのがつらいということです。
原因はなんとなくわかりましたねひらめき 次は対処法ですね。
その前に重要なことを1つ。
「人の体温の変化は午前3〜6時に最低に、午後3〜6時に最高になります。この時の変動幅は0.7〜1.2度とされています。」

体温だけで見ると一番眠りが深いのは午前3〜6時と言うことですよね。
ということは、冷房はタイマーか何かで切っておき、6時以降におきればOKってことですね。冷房はおきる予定の5〜6時間前から切っておけば部屋もそこまで冷えてないでしょ。
え?3〜6時におきる人はどうするかって?
その辺はまた今度調べます〜るんるん (殴蹴
posted by sessa at 18:00 | Comment(6) | 雑学

2006年08月13日

砂糖入り麦茶について

前回偶然(?)にも出来てしまった、「砂糖入り麦茶」。
実は結構な人数の人たちが、飲んでいることを知って呆然としました。
味も体験済みですしね・・・・
というわけでちょっと調べてみました手(チョキ)

まず意外だったことは、麦茶に砂糖を入れるのと紅茶に砂糖を入れるのが同じ感覚で行われてる事です。
要するに入れるか入れないかは個人の自由ってことです。
ほんとびっくりですよ・・・・やっぱりうちの麦茶との相性が悪かったぽいですねあせあせ(飛び散る汗)

それから麦茶の歴史を調べてみると、
「明治時代になると一般家庭で大麦を炒って麦湯を作るようになり、家庭の飲み物へと姿を変えていきます。わかすなら湯冷ましよりは麦湯の方が味も風味もあって好ましい、と湯冷ましのような感覚で水代わりに飲んでいました。時には砂糖を溶かして味の変化を 楽しみながら飲んでいたといいます。」
exclamation&question ええええ!? 砂糖入り麦茶の歴史結構古いんですけどたらーっ(汗)

まあここまで古くなくても、おばあちゃんが出してくれたとかいうコメントが結構ありますね。 というよりHOT麦茶じゃなくちゃ美味しくないのかもしれませんね。

最後ですが、株式会社エルビー(詳しくわかりませんが)から「石茶ん」なる飲み物が出てます。砂糖入り麦茶の商品です。目印は「まいうー」でお馴染みの石塚さんの笑顔です。
ファミリーマートでしか見ないという情報もありますので探すならファミリマートで探してください^^ 余裕があったらお試しください(どうなっても知りませんけど・・・・
posted by sessa at 19:58 | Comment(0) | 雑学

2006年08月08日

夏バテ対策

旅行の予定があるのに、このままだとやばい! ということでちょっと調べてみました。

まず、夏バテの原因は、
・血液などの循環と体温調節機能の低下
・寝苦しい夜が続くことによる、睡眠不足
・毎日暑くて運動不足になりがちという状況
・冷房のきき過ぎによる、体の冷えと筋肉の凝りなど
です。 
ではどのような対策が有効かと言うと、
・クーラーの設定温度を外気との温度差5度以下に保つ
・なるべくクーラーではなくドライを使う
・しっかりと汗をかく
・喉が渇いたと思う前に水分補給
・食事は量よりバランス(栄養)を重視
・シャワーで済まさずお風呂に入る
ぐらいですかねあせあせ(飛び散る汗)
特に重要なのは「体を冷やしすぎないこと」ですかね。
確かにクーラーは便利で快適ですが、使いすぎには禁物ですよexclamation×2

posted by sessa at 18:44 | Comment(2) | 雑学

2006年07月28日

ちょっと調べてみました。

前回「蚊」についてお話しました。
というわけ今回は「蚊に刺されやすい人」についての研究をお話します。
ある実験ではO型が刺されやすく、刺されやすい順にO>B>AB>A型の順でした。
しかし実際には、血液型と蚊に刺されやすさの根拠は証明されておりません。

ほかにも「酒を飲むと蚊に刺されやすい」、「汗をかくと蚊に刺されやすい」、「太っている人は蚊に刺されやすい」などという結果もありますがどれもはっきりとは証明されていません。
また一番刺されやすい個所はだそうです。

色々調べてみましたが、自分的に臭いが深く関係していると思われます。
早く解明されることを祈ります。

posted by sessa at 17:13 | Comment(0) | 雑学
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。