2008年02月28日

陰日向に咲く

陰日向に咲くという映画を見てきました。
劇団ひとりの同名の小説の映画化した作品で、岡田准一、宮崎あおい、伊藤淳史、平山あやなどが出演した作品です。
結構CMもやってたので題名は皆さん知ってるのでは??


今日はちょっと余裕がありましたし、誘われたので見に行ったわけですよひらめき
なかなか評判はいいようなので、多少期待して見に行きました^^
まあ見ながら泣くということはありませんでしたけど、畳み掛けるように泣きそうになるシーンが来るので少し危なかったですたらーっ(汗)
ちなみに今日は、薬をしっかり飲んだんで映画館ないでくしゃみをするというような醜態は晒しませんでした(笑)




感想を少し書かせてもらいますねるんるん
原作見てないんで、映画化でどう変化したかとかはわからないんですよ。
ただ、見終わったあとモヤっとしましたねあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
いい話だし、感動のシーンも入れてあるしよかったとは思うんですけど、最後の終わり方が腑に落ちない。
せめてエンドロールに登場人物たちの「その後」を入れてくれればこんな気持ちにはならなかったと思います。


それから全体的に中途半端なんですよね。
全部が繋がるわけじゃないし、最後も微妙だし・・・
先の読めちゃう展開もイマイチでした。
岡田准一を中心にやるなら、ほかを削ってでも岡田准一の話に厚みを持たせるべきだったと思いますひらめき


でも、「人との繋がり」についての問題提起がしたかったのならしっかり出来てましたね。
私も見終わって考えましたから。
あの終わり方だったからこそ、考えさせられたのかもしれません。
出演陣も好演してましたし、見ごたえはあると思います ( ̄m ̄*)
誰かと一緒に見たほうが、この映画はいいですね。


posted by sessa at 23:31 | Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
花粉症の時、映画を観るのはつらいものがあります。
眠くなるか、症状を抑えるのに苦労するか、どっちかのような気がします〜
涙や鼻水も・・・
感動したのか、花粉症なのか、判別に困ります。
でも、戸外にいるよりも花粉に接しないだけましかも。
sessaさんも大変ですね。
Posted by MONA at 2008年03月02日 10:13
MONAさん、コメントありがとうございます^^

薬を飲んでいたので、そこまで苦労はしませんでしたね。
ただ、首が異常に凝ってしまいました^^;;

確かに屋内なので、花粉の影響は少ないかも。
もし外で見ていたら、花粉の力も相まって大泣きしてたかもしれません(><。)
よかったよかった♪
大変ですけど、終わるまでなんとか頑張りますよ。

Posted by sessa at 2008年03月02日 14:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。