2007年12月28日

半落ちを見て

公開されてからずっと気になっていた映画、半落ち
2004年に公開させて、たぶん何回かテレビでもやったと思いますけど機会に恵まれず、先日ようやく見ることできました。
まず、映像に好感が持てましたねひらめき
なんというか、質素な映像とでもいうんでしょうか?
それに切り替わりもテンポがよかったですし、無駄な説明がなく自分で考える場面も多くあって好感が持てました。
映像で伝えられる作品こそがいい作品だと考えていますからねたらーっ(汗)


実は最初の10分を見逃してしばらくは状況把握に努めていました。
前半を見ていてようやく理解して、後半は感動したの1言に尽きますね。
久しぶりに映画見て感動しました。
半落ちは話自体は暗いですけど、実に多くの問題警鐘が込められてましたね。
短い時間でよくあれだけ詰め込めたと感心しますよ。


話はアルツハイマー病に苦しむ妻を嘱託殺人で元警部が殺して、罪を認めたんですけど2日間空白の時間があって・・・
というものなんですが、見ていた中で一番心に残ったのは裁判の審議中、若手裁判官が「魂が無くなってしまうと命(人間)では
ないのですか」というものでした。
アルツハイマーで魂が壊れるという発言を受けてのものですが、かなり衝撃的でしたねたらーっ(汗)
私も考えてみたんですけど、答えは出ませんでした。


最後に流れた森山直太郎さんの歌を聞きながら目が潤んでしまいました。
最後の「生きてください」、曲中の家族のシーンが来てうるうるですよもうやだ〜(悲しい顔)
命の重さ、人とは何なのか、家族愛とは、など生きている中で直面する課題を真剣に考えさせてくれる良作でした。


posted by sessa at 23:50 | Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
見たいと思ってたのに・・・
見逃しました!
残念。
ウーーン・・・
私の同居している母が、同じような状況になってきてるからねーー
見た方がいいのか・・・
見ない方がいいのか・・・
考えてしまいます。(^^ゞ
Posted by MONA at 2007年12月29日 09:51
MONAさん、コメントありがとうございます^^

私も見たいと思ってたので、かなり嬉しかったですよ♪
かなりいい作品なので、またやるんじゃないですか??

考えるきっかけになると考えたら、見たほうがいいんじゃないですか。
個人的な考えですが、MONAさんが見たらきっと「魂が無くなっても人は人」だと思うはずです。
これはお薦めできる作品なので、見る機会があったら見てください^^
Posted by sessa at 2007年12月31日 18:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。