2007年09月11日

sony Rolly発売

私も最近sonyのユーザーとなったわけで、この話題にはちょっと興味がったんですよ。
でも新型オーディオプレイヤーRollyはちょっと失敗ですよねたらーっ(汗)
私は正直買いたいと思いません。



形は斬新でいいと思うんですけど、歌って踊る意味がない気がしますたらーっ(汗)
製造中止になったアイボの技術を応用しているということですが、何か違う気がしますね・・・
アイボに音楽プレイヤー機能をつけたほうが、売れるんじゃないでしょうか??
売れるかどうか、かなり気になるところです。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/83899/


ソニーが10日発表した新しい音楽プレーヤー「Rolly(ローリー)」は、製造中止になった犬型ロボット「AIBO(アイボ)」の技術を活用した“歌って踊る”プレーヤーだ。圧倒的なシェアを持つ米アップルの「iPod(アイポッド)」にかみつくことができるか。

ローリーは白い卵型で、音楽を再生すると、メロディーに合わせて回転したり、両腕を動かしたりと、ダンスしているかのように動く。アイポッドなど先行の携帯音楽プレーヤーが基本的にヘッドホンを使って個人で楽しむのに比べ、ローリーはスピーカーから音を出すため複数で聞くこともできる。「ブルートゥース」と呼ばれる無線通信機能に対応するパソコンや携帯電話に保存されている音楽を聴くスピーカーとして使うこともできる。
ローリーのロボット技術についてソニー関係者は、「アイボと違って人工知能が入っていないので外部の情報に反応するわけではないが、可動部分の制御技術が応用されている」と話す。

ソニーのロボット事業は、本社の経営が悪化した際、事業の絞り込みの一環として2006年に生産中止となっているが、アイボのDNAが生き残った形だ。
市場想定価格は4万円程度で、国内では29日の発売。海外での展開は未定だが、くしくもアップルも年末商戦に向けて新型アイポッドを発表したばかりだ。

「ウォークマンとローリーを併せてもiPodの優位は揺るがないが、アップルとは違う路線の商品を出してきたことは評価できる」(ITジャーナリスト)との声もあって、イメージ戦略はひとまず成功したようだ。

<イザ!ニュースより引用>


posted by sessa at 21:58 | Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
アイボって生産中止になったんですかー
あの時は、みな予約して手に入れようとしたのに・・・
人間って、気が変わりやすいですね!
ローリーは・・・
さあ、どうでしょ!!!
Posted by MONA at 2007年09月12日 23:57
MONAさん、コメントありがとうございます^^

私も全然知りませんでしたよ^^;;
まあよく考えると、見かけてないことに気づいたんですけどね。
結局ある程度のブームが来て、いつの間にか終わりましたよね。
日本人は特に流されやすい!!

ローリーは約4万円もするのに、容量が1Gのようです。
これでは売れませんね^^;;
しかもipodの新型が出たばかりですし・・・
もうちょっと安ければ、売れてもよさそうだとは思いますけど。
Posted by sessa at 2007年09月13日 22:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。