2006年12月23日

クリスマスツリーについて

明日からクリスマスですね。
まあ私みたいなのには関係無い日なんですけど・・・たらーっ(汗)
クリスマスということで、クリスマスの象徴
「クリスマスツリー」
についてちょっと調べてみましたるんるん

クリスマスツリーは聖書ともキリスト教の教えとも関係のない「風習」です。
広がった当時はこの風習をやめさせようとしたらしいが、 「木を飾る」という楽しいお祭りは完全にはなくなりませんでした。
神聖な木というのは、当然、国によって解釈が違うので、 樫の木、やどり木、リンゴの木と、色々でした。
「せめて木の種類ぐらい統一しよう」ということで、 モミの木になったに統一されたそうです。
常緑樹であるモミの木は「希望」や「命」を象徴するものとして崇拝されていました。
ドイツでは今でも、クリスマス行事とは無関係に、悪霊除けとしてモミの枝を飾る風習があるそうです。


ちなみにクリスマスツリーのてっぺんに、大きな星が飾られていますが,これは東方の博士(賢者)たちを幼子ジーザスへと導いた星をあらわしています。
ジーザスっていうのはキリストのことみたいです。
この後、その星は「ベツレヘムの星」と呼ばれ、ツリーの頭上に飾られることになったみたいでするんるん


クリスマスツリーは宗教と関係無いみたいですねたらーっ(汗)
なんか関係あるのかと思ってました。
宗教的に何の関係もないなら純粋に楽しめますねるんるん
posted by sessa at 23:54 | Comment(3) | 雑学
この記事へのコメント
メリークリスマス♪\(*^◇^*)/
そうだったんですか〜♪
知らなかった^^;w
楽しみましょう^^/
Posted by 隆文 at 2006年12月24日 21:44
ツリーの一番上の星ってよく半分に割れるんですよね・・・・
僕の所だけでしょうかw

宗教に関係ないのは良かったかも知れません。そのほうが変な感じに考えなくて済みますし
Posted by かわ at 2006年12月25日 07:43
隆文さん、かわさんコメントありがとうございます^^
隆文さん>メリークリスマス♪
私も知らなかったんで勉強になりました^^w
まあ結局あんまり楽しみませんでしたねorz

かわさん>なんか不吉ですね^^;; (ぉぃ!
うちのツリーの星は大丈夫ですね^^

宗教的に関係無いって知って私もほっとしました^^
ツリーに関しては何も考えずに楽しんで大丈夫ですから、楽しませてもらいましょう♪
Posted by sessa at 2006年12月25日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。