2008年03月05日

自転車 禁止事項

この春から自転車の3人乗り禁止が明文化されるということで話題になっています。
それがきっかけで自転車に乗っている時にしてはいけない、あるいは法律違反な行為を調べてみました。
ちなみに今現在のものですひらめき


まず自転車は『道路交通法』に規定された「軽車両」だということです。
軽車両とは自転車、馬、人力車、人が引いているリアカーなどのことを指し軽自動車ではありません。
路側帯の白線が二本のところ、または歩行者専用の標識がある歩道は通行禁止です。
横断歩道は自転車に乗ったままでは渡れません。
自転車を押せば渡れますし、自転車横断帯(自転車マークが書いてあるところ)があれば乗って渡れます。


それから車両ですが、歩道を通っても大丈夫です。
通れないと困りますよねあせあせ(飛び散る汗)
ただし歩行者優先が原則ですので、徐行が義務づけられています。
徐行については法整備時にこけない程度のスピードとなるようですね。
やる人がいますが、歩道で歩行者に対しベルを鳴らすのはルール違反ですよ。
現状では、歩道においてはベルではなく「通りますよ」などと声をかけろとのことですが、見ず知らずの人に声をかけるのはなかなか厳しいものがあります。


続きを読む
posted by sessa at 21:59 | Comment(2) | 雑学
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。